月刊MA 出会いの情報は月刊マッチングアプリ

Tinder(ティンダー)の使い方サムネイル

【初心者向け】Tinder(ティンダー)の使い方!プロフィール設定〜出会うまでのコツを紹介。

Tinder

written by 木村 啓

記事協力

 

マッチングおじさん
悪質なアプリから良質なアプリまで使い尽くした経験から、普通のおじさんでも本当に出会えるマッチングアプリを紹介。

「ティンダーの使い方がよく分からない」

この記事では、ティンダーを使い始めた初心者向けに基本的な使い方を紹介していきます!

Tinder(ティンダー)の使い方①:プロフィールを設定する

まずは、写真とプロフィールを設定してください。

写真とプロフィールを設定するには、左上のアイコンをタップしましょう。

写真とプロフィールを設定するには、左上のアイコンをタップしましょう。
  • 写真を設定する→「メディアを追加する」
  • プロフィールを編集する→「情報を編集」

なお、「情報を編集」でも写真をアップすることは可能です。

写真は、カメラやギャラリーだけでなくInstagramやFacebookからインポートすることもできます。

「情報を編集」では以下の項目が設定できます。

  • 自己紹介
  • 興味
  • 職業
  • 勤め先
  • 学歴
  • 在住
  • Instagramの写真
  • Spotifyアンセム
  • 自分のトップSpotifyアーティスト
  • 性別
  • フィード設定

勤め先や学歴などは、Facebook登録した方はFacebookの情報が入力されています。

教えたくない場合は設定し直しておきましょう。

Tinderの使い方②:スワイプ

写真とプロフィールを設定したら、トップ画面に戻ってお気に入りの人をスワイプ!

ティンダーの使い方は単純で、「いいな」と思ったら右スワイプ、次の女性を見たい場合は左スワイプするだけです。

なお、ライクは送れる回数が決まっています。無料会員の場合、1日に240回(12時間に120回)が限度です。

次の日になるとリセットされ、また240回ライクを送れるようになります。

マッチング
おじさん

有料会員になれば無制限にライクを送れます!

特別な相手には「スーパーライク」を送りましょう!スーパーライクを送るには真上にスワイプするか、下の星マークをタップ。

スーパーライクを送ると相手に通知が届くため、マッチ率が高くなります。

ただし、無料会員は1日1回、有料会員は1日5回が限度で、それ以上に送りたい場合は課金が必要です。

Tinder(ティンダー)の使い方③:マッチしたらメッセージを送る

Tinderは、マッチしたら女性とメッセージでやりとりできるようになります。

マッチとは、「お互いがライクを送りあった状態」です。

マッチすると、画面に「IT’S A MATCH!」と表示されメッセージが送れるようになるんですね。

なお、無料会員では誰が自分にライクしてくれたかわかりません。

つまり、相手が自分を見つけてライクしてくれない限りマッチしないんですね。

運良くマッチできたら、右上にある吹き出しのマークをタップしてください。

マッチした女性の一覧が表示されます。

話したい相手を選び、メッセージを送りましょう!

他のマッチングアプリと違ってTinderはノリの良い女性・フットワークの軽い女性が多いです。

「はじめまして、マッチありがとうございます…」とクドクドメッセージを送ってしまうと、マッチ解除される可能性があります。

こちらの記事を参考にして、女性が食いつきやすいメッセージを作ってください!

Tinderの使い方④:デートの約束をする

ある程度仲を深められたら、デートの約束をしましょう。

一般的なマッチングアプリでは1週間~10日程度やりとりしてからデートする、という流れですが、Tinderはマッチ初日~3日くらいでデートすることが多いです。

誘い方としては、「ごはん行こうよ!」がオーソドックスですが、「かき氷おごるよ」「ドライブ行こう」「飲みに行こう」などでもOK!

デートのお誘いができたら、LINE(ライン)交換するようにしてください。

なぜかというと、Tinderのメッセージにはこれらの機能がないからです。

  • 通話機能
  • 既読機能
  • 写真・動画送信機能

相手と仲良くなる上で、これらの機能は大事ですよね。

「LINE交換しよ!ID教えるね」と自分からIDを伝えて交換するのがおすすめです。

Tinder(ティンダー)で出会うための使い方

Tinderは他のマッチングアプリと違う点が多いです。

ペアーズやOmiaiなどと同じように使っていても、なかなか出会えませんのでおすすめの使い方を紹介します。

写真はプロに撮ってもらう

Tinderは写真が非常に重要視されます。

なぜかというと、画面いっぱいにメイン写真が表示されるからです。

写真がいまいちであれば、すぐさまスキップされてしまうでしょう。逆に言えば、写真さえ良ければマッチ率は非常に高くなります。

写真はプロに撮ってもらうのが一番。

SNSを使えば、マッチングアプリのプロフィール写真を撮ってくれるカメラマンと簡単に出会うことができます。

スーパーライクは1日1回必ず送る

スーパーライクは1日1回かならず送るようにしてください。

その理由は、スーパーライクを送ることで相手に通知が届くからです。

Tinderの女性はほとんどが無料会員です。

無料会員ではライクを送ってくれた相手が誰なのか分かりません。

しかし、スーパーライクは通知が届くため、マッチ率が格段に上昇するのです。

マッチング
おじさん

ただ、美人な女性は日々スーパーライクを大量にもらっているので、あまり効果がない場合も…。

課金するべき?

Tinderには2つの有料プランがあります。

  • Tinder Plus
  • Tinder Gold

有料会員になるとライクが無制限になり、いくつか機能が追加されます。

たとえば、スワイプをやり直せる「リワインド」や位置情報の追加、プロフィールの非表示などです。

また、Tinderに課金すると2200円〜3500円の料金が発生します。

本サイトで紹介している誰でもが出会いやすい安全なアプリの料金は、約3000円~4000円のアプリが多く、

Tinderよりも出会いやすいことを考えれば、コスパはかなり良いと個人的には思っています。

Tinderは合わなそう出し、ハードル高そうだなと感じる人は下の記事で自分に合うアプリを探してみてください!!

カテゴリー:
Tinder
タグ:

あなたにオススメ

もっと見る

新着記事

もっと見る