月刊MA 出会いの情報は月刊マッチングアプリ

withのいいね倍増法がモテすぎてやばい! |3%の男性しか実行してない裏技が強すぎたw

with

written by MIYABI

この記事を書いた人
MIYABIライター
数えきれないナンパの果てに感覚が暴走し、全ての女性が橋本環奈に見える第三の目が開眼。同志である男性に、ムフフなノウハウを伝授。

モテたい!彼女欲しい!

それでwithを使って見たけど”いいね”が思うように貰えない。

MIYABI

そんな男性のために、withでいいねが倍増する有料級テクを教えるから最後まで読んで下さいね!

with初心者の方は下の記事も目を通しておくと、さらに分かりやすいです。

withでの平均いいね数はどれくらい?

average-number-of-likes
MIYABI

まずは自分の立ち位置を知るために、平均いいね数を確認して下さい。

  • 男性会員のいいね数は、平均50弱
  • ちなみに女性会員のいいね数は、平均120前後

女性の方が圧倒的に”いいね”を貰っていますね。

withの男女比6:4なので、バランスは良いはずなのになぜか。

MIYABI

それはwithに限らずマッチング アプリが、「男が女を狩る」のではなく「女性が男性を選ぶ」社会だからです。

そして気に入った女性に選ばれるためには、その女性以外から「いいねを多く貰う」必要があるのです。

その理由を説明します。

平均いいね数よりも、自分がもらったいいね数が少なかった人は特に危機感を持って、最後まで読んで下さい。(早くテクニックを知りたい方はコチラ)

なぜwithでいいねを多く貰うべきなのか

「”いいね”は、たくさんの人からじゃなくて、気に入った子だけにもらえればよくね?」

と、考える人のために、なぜ多くのいいねをもらう必要があるか、2つの理由を説明します。

①モテスパイラルが起こる

MIYABI

あなたは、いいねが200の女性と50の女性なら、どちらが魅力的だと感じますか?

大半は前者と答えますね。

僕はこれを、「行列の出来るラーメン屋現象」と呼んでいますが、要するに人間は周囲の評判をとても気にする生き物だという事です。

なので女性も、「いいねが多いから魅力的な男性なのかも…」と錯覚します。

how-to-become-popular-among-girls.jp

つまり、”いいね”が多ければ多いほど、さらにモテる循環、モテスパイラルが勝手に生まれるんです!

逆に、いいねが少ないと、男性からいいねを送っても秒で無視されるでしょう。

②女性の目に留まりやすくなる

withには、いいねが多い順で異性を並べる機能があります。

男性の場合は、VIP会員にならないといけないのですが、女性は無料で使えてしまうのですこれ。。

<withで出会った女性の画面↓>

the-options-of-the-arrangement

その女性いわく、素敵な男性に絞るために、常にこの並び順を設定しているとの事。

つまり、いいね数が少ないと女性に見つけてもらう事さえ出来ないのです。

ユーザー検索結果で下の方にしか表示されず、本当は魅力的な埋もれている男性も多数います。

MIYABI

いいねをもらって上位表示できれば、より出会いの幅が広げることが可能です!

withでいいねを倍増させる裏技

お待たせ致しました。

いよいよ本題である、女性からのいいねを倍増させる方法です。

①圧倒的差別化プロフィール

いいねをもらえるか、マッチングできるかは全てプロフィール次第です。

プロフィールでは次のポイント2つを特にこだわります。

  1. プロフィール写真
  2. 自己紹介文

①”匠”のプロフィール写真でライバルと差別化!

withは内面重視なアプリですが、それでも結局、写真が格好良い男性がモテるのが現実です。

しかし見た目に自信が無い方でも、写真を少し工夫するだけでいいねを獲得出来ます!

MIYABI

その方法が、「マッチングアプリを専門にしたカメラマンに撮影してもらった写真」です!

テキストベースでこう言われても、「いや、金かかるの嫌だな」って思いますよね?

写真で見ていきましょう。

写真がなくて自宅の独立洗面台で自撮りした写真よりも、圧倒的に魅力的なのは一目瞭然かと思います。

MIYABI

「プロに頼むとかだるい」と思った方、あなたがグズグズしている間に僕みたいな男性がどんどん女性をゲットしていきます。ありがとう。

プロに頼むだけで、ルックスを何倍も良く見せられるんです。

行動力だけで女性にモテるなら、試さない価値は無いですよね。

②”ユニーク”を散りばめた差別化紹介文

よくある紹介文をまずご紹介いたします。

【普通の紹介文】

 

はじまして!東京在住で25歳の月刊MA男と申します。

 

仕事は、エンジニアをやっています。

 

趣味は、魚釣りで釣った魚を仲間たちと捌いて、
食べています。今年の夏も毎週末行っていました。

 

タイプの女性は、笑顔で優しい人です。

 

飲みに行くのが好きなので、飲みに行けたらと思います!

これを以下のように修正してみました。

【差別化紹介文】

 

はじめまして!
婆ちゃんが、僕が誕プレであげたルンバにエサを与えてて、一週間思い出し笑いをしていた月刊MA男と申します。

 

普段は都内のIT企業にて、JAVAという言語を使用してサービスを開発しています!


いわゆるエンジニアってやつです。

 

忙しい時は忙しいんですけど、自分が携わったサービスを使っている人を街中で見ると、嬉しくてニヤニヤしてしまうのはあなたと僕だけの秘密です(笑)

 

趣味は、不器用という言葉が似合う顔に反して、魚が捌けるので仲間と釣りをしに海に出ています。
伊豆らへんで「とったどーーーー」って叫んでるバカがいたら、それ自分です。笑

 

タイプの女性は特にありませんが、しょうもないことでも笑っていられるくらい仲良しになれたらいいなって思います!

 

まずはご飯にいきましょう!読んでいただきありがとうございました!

これが必ずも正解とは限りませんが、女性に会ってみたいと思わせるには工夫が必要ということですね!

②足跡をつけまくる

1日1000件以上のプロフィールに足跡を残しましょう。

withでは他のマッチングアプリと違って、いちいち検索結果の画面に戻る事なく、スワイプだけで次の女性に足跡をつける事が出来ます。

電車でボーっとスマホをいじる暇があったら、足跡をつけまくってモテに繋げた方が良いですよね。

そして足跡を残す際には、以下のいずれかに当てはまる人に足跡をつけて下さい。

  • 地方住みの女性
  • 40代以上の女性や、体型がぽっちゃり以上の女性
  • あなたの地域でログイン時間が24時間以内の人

特に最初の2つはオススメ。

なぜなら年齢や体型のせいで人気が無い女性や、男性が少ない地方の女性は、「足跡の通知」に敏感に反応するからです。

足跡に反応させる伏線

さらに効果を良くするためにやる事が2つあります。

1つ目が、ひとことや、自己紹介文の冒頭に「素敵だなと気になった女性に足跡残しています」と記載しておく事、

2つ目が下の画像のように、思わせぶりな好みカードを設定する事。

MIYABI

画像の好みカードの場合、遠くの地方に住んでいる女性に響きやすくなり、僕は結果的に133名の地方女性からいいねが集まりました。

あなたも以上のテクニックを実行して、いいねを稼いだあとは気に入った女性とマッチングできるはずです。

マッチングの後のメッセージの詳しいノウハウは以下の記事で説明しています。

withだけでいいねを集めるのは勿体無い

複数使いはマジで必須

日本のマッチングアプリは、登録や、いいね集めは無料。

なのにwithだけでいいねを集めるのは、もったい無いです。

MIYABI

画像のように、複数のアプリを使った方が、損する事なく有料会員になる事が出来るし、早く理想の女性が見つかるんです。

ライバルが多い中、女性にモテるため、可愛い彼女を手にするためにはアプリの複数使いは常識。

下のリストから最低1つは追加ダウンロードして、紹介したテクニックで無双して下さい。

編集部イチオシ!アプリ4選

  • タップル誕生
    →「趣味で繋がる」がコンセプトのマッチングアプリ。Tinderなどと同じくプロフィールを左右にスワイプする。ラフな出会いを求めている男女が多く、withよりもマッチしやすい。親会社はAbemaTVで有名なサイバーエージェント。

  • ペアーズ
    →会員数国内最大!1000万人が利用するマッチングアプリ。圧倒的な会員数なので、地方住みでも出会いが豊富で、マッチング率も非常に高く、恋人が欲しい方に特におすすめ。日本で最も出会いの主戦場となってきた。

  • Dine
    →「100通のメールより、1回のデートを」がキャッチコピーの、デート直結型マッチングアプリ。マッチ後、お互いに空いている日の候補を出し、アプリが自動でお店を予約してくれるので、デートまでが一番スムーズなアプリ。メッセがダルい男性におすすめ。

  • クロスミー
    →位置情報を利用した「すれ違いによる運命的な出会い」がコンセプトのアプリ。同じ行動範囲の人と繋がれるので、「え?あの時間あそこいたん?(笑)俺もなんだけど」って感じで話が弾む。

上記4つ以外にも、下の記事で紹介しているアプリでは今回伝授したテクニックを活かしやすいので、オススメです!

カテゴリー:
with
タグ:

あなたにオススメ

もっと見る

新着記事

もっと見る