月刊MA 出会いの情報は月刊マッチングアプリ

マッチングアプリ オワコン

マッチングアプリは結局オワコンなのか?理由とオワコンでないアプリも解説。

マッチングアプリ

written by

この記事を書いた人

 

木村啓編集長
趣味は筋トレ。悪質なアプリから良質なアプリまで使い尽くした経験を基に、本当に出会いのあるアプリのみを紹介するために編集長に就任。

先日、こんなツイートを見かけました。

マッチングアプリは本当にオワコンなのでしょうか?

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

これについて、マッチングアプリのプロである僕が解説していきますね!

なぜマッチングアプリはオワコンと言われているのか?

マッチングアプリがオワコンと言われる理由には大きく分けて3つあります。

①マッチングアプリは出会えない

マッチングアプリがオワコンと言われる最大の理由の1つが、出会えないと言われていること。

男性は基本的に出会うためには課金が必要です。

しかし、課金をしても出会えなかったら、確かにオワコンだと思ってしまいます。

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

ところが、課金しても出会えない場合、使う人に原因があります。

マッチングアプリが悪い訳ではないということですね。

つまり、

  • ポイント課金制のマッチングアプリを使っている可能性がある。
  • 自分の目的と異なるアプリを使っている可能性がある。
  • プロフィールに力を入れてない。

マッチングアプリがオワコンだと思っている人の多くは、上記の内容に当てはまることが非常に多いです。

これさえ改善できれば、一気に出会いの宝庫になります。

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

実際に僕は、プロフィール写真を修正したら、マッチング数9→77まで増加しました!

これについてはマッチングアプリはオワコンではないで解説しています

②コロナの影響でマッチングアプリを使う人が減少している

新型コロナの影響で、外出がしにくくなりました。

そのため、それに伴いマッチングアプリを使う人も減少してきていると言われています。

マッチングアプリは異性と出会うことが目的なので、コロナの影響で使う人は減少していきます。

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

しかし、多くのアプリにはビデオデート機能などがあり、オンラインで出会いを楽しむことができます!

さらに、2020年9月現在、徐々に自粛は緩和されつつあるので、始めるなら今このタイミングです。

なぜなら、これからどんどんライバルが参入して競争が激しくなるからです。

③業者がいる

マッチングアプリには業者がいることもオワコンと言われる理由の1つです。

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

業者とは、投資や他サイトなどへ勧誘してくる悪質ユーザーのこと。

マッチングアプリをやっていると、ごく少数ですが業者などの悪質ユーザーがいます。

僕もいくつか業者に遭遇した経験があります。

ぼったくりバーでは、少しのアルコールしか飲んでないのに高額な料金を要求されて、泣きながら帰りました。

また、美女とマッチングしたかと思えば、有料サイトに課金させられそうになったこともあります。

このように、業者がいるためオワコンと言われるのはもっともだと思います。

しかし業者と一般ユーザーを見分ける簡単な方法があります。

これを知ってから僕は全く騙されなくなりましたし、最初から業者が分かるようになりました。

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

業者の特徴としては⬇︎

  • 写真が美人すぎる。
  • 顔の一部をハートマークなどで隠している。
  • メッセージがかなり積極的
  • すぐにLINE交換しようと言ってくる。

典型的なパターンとしては、美人な写真でオトコを釣ってきます。

そしてそういった写真は他人の写真を悪用しているので、バレないように一部を隠していることも多いです。

【断言】マッチングアプリはオワコンではない

オワコンと言っている人はいづれも⬇︎のどれかに当てはまってることが多いです。

  • ポイント課金制のアプリを使っている可能性がある。
  • 自分の目的と異なるアプリを使っている可能性がある。
  • プロフィールに力をいれてない。

この3つのポイントを改善するたけで、間違いなくオワコンではなくなります。

①ポイント課金制のアプリを使わない【重要】

なぜマッチングアプリはオワコンと言われているのでしょうか?

その理由の1つに、ポイント課金制のアプリを使っている可能性があるからです。

世の中には2種類のマッチングアプリがあり、

  • 月額課金制(オワコンではない)
  • ポイント課金制(オワコン)

上記の2つがあります。

オワコンだと思っている人の多くは、ポイント課金制のアプリを使っている可能性が高いです。

月額課金制のアプリとは?

月額課金制のアプリには、例えばペアーズタップル誕生withOmiaiなどがあります。

これらは1ヶ月で〇〇円と料金が固定されているのが特徴です。

仮に3,800円で1ヶ月課金した場合、その間はアプリの機能が使い放題です。

月刊MA編集長木村ケイ
木村啓

月額課金制のアプリはオワコンではないです!

ポイント課金制とは?

一方ポイント課金制の場合は異なります。

ポイント課金制とは、アプリ内のアクション一つ一つにポイント=料金がかかるのが特徴的。

例えば⬇︎

  • 女性のプロフィール写真の2枚目閲覧
  • いいね送信
  • メッセージ送信

これらのことをする場合にポイントが必要となり、毎回課金しなければいけません。

    ポイント課金制のアプリは、オワコン化している傾向が高いので注意が必要です。

    月刊MA編集長木村ケイ
    木村啓

    ポイント課金制ではない安全なアプリは⬇︎で紹介しています!

    ②自分の目的と合ったアプリを使う。

    オワコンと言う前に、あなたが自分の目的に合ったアプリを使ってるか確認してください。

    あなたがメッチングアプリを使う目的は何でしょうか?

    月刊MA編集長木村ケイ
    木村啓

    婚活?恋活?遊び?

    例えば、恋活目的の人が婚活目的ユーザーが多いアプリを使っても出会いづらいです。

    というのも、婚活目的のユーザーが多いアプリは平均で30代以上の女性が多いからです。

    自分の目的と合致したアプリを使うことで格段に出会いやすくなります。

    ③プロフィール写真をテキトーにしない

    オワコンと言われるのは、出会えないからといいますが、あなたは出会うための努力をしているでしょうか?

    例えば、一番重要なプロフィール写真

    男性は女性と比べても写真を撮らないことが多いです。

    そのため、マッチングアプリの写真などもテキトーなものを設定していることが多いですが、これはNG。

    月刊MA編集長木村ケイ
    木村啓

    マッチングアプリではモテる写真を設定するべきです!

    メイン写真のコツ

    • 全身が見える
    • 服装もシンプルなもの
    • 笑顔
    • 背景は自然がおすすめ

    僕が意識していることは基本的にこれだけ。

    これだけですが、意識してない場合と比べてマッチング数が8倍以上になりました。

    【参考例】

    マッチングアプリ プロフィール写真

    三脚を使って自宅の近くで撮ったやつです。

    僕は、三脚で撮りましたが、写真がない人はこちらの記事も併せてご覧ください。

    サブ写真のコツ

    • 3枚以上
    • 顔が見える写真2枚以上
    • 趣味や自分が好きなものの写真
    • 猫や犬と一緒の写真は人気

    上記のポイントも確かに重要ですが、サブ写真で最も重要なのはNGな写真を絶対に載せないことです。

    例えば…

    • 顔が見えない写真を載せない。
    • SNOWなどで加工しまくらない。
    • 画質が悪い写真。
    • ドアップすぎる写真。
    • 自撮り。

    これらをやらないだけでも十分マッチング数は増えて、オワコンなんて思わなくなりますよ。

    こちらの記事では、プロフィール写真の極意を公開しているので、是非ご覧ください。

    マッチングアプリがオワコンは嘘

    ここまで見てきた通り、マッチングアプリは決してオワコンではなく、使う人に問題があることが分かりました。

    • 既にオワコン化しているアプリを使わない。
    • 自分の目的に合ったアプリを使う。
    • プロフィールを見直す。

    これらを意識してすることで、オワコンだとは思わなくなります。

    その際、自分に合ったアプリを選ぶことで素敵な出会いを掴むことができますよ。

    現状自分に合った恋人がいない20〜30代の男性で、恋人を見つけたい人は⬇︎

    理想的なパートナーがいない20〜40代の男性で、結婚を意識した女性を見つけたい人は⬇︎

    20〜30代で遊び/気軽な出会い/友達作りを目的としている男性は⬇︎

    気軽な出会いが目的の人はこちら

    遊びたい人向けのおすすめマッチングアプリ4選

    カテゴリー:
    マッチングアプリ
    タグ:

    あなたにオススメ

    もっと見る

    新着記事

    もっと見る