月刊MA 出会いの情報は月刊マッチングアプリ

Tinder(ティンダー)で電話/ビデオ通話のやり方!絶対ダメなNG行動とは?

Tinder(ティンダー)

written by 月刊MA

記事を書いた人

 

月刊MA編集部
男性向けマッチングアプリメディア。出会いがない・出会えない男が出会えるようになるためのコツやリアルな情報を発信。

こんにちは。戦国時代にスマホを持ってタイムスリップしたら情報手段で電話をフル活用して、豊臣秀吉よりも先に天下とれる自信がある『月刊MA』編集部員です。#狼煙に負けるわけがない

さて、「Tinderで電話したいけど使い方がいまいち分からない」という方も多いようです。

そこで今回は『Tinderの電話機能』をテーマにじっくり話していきます。

月刊MA
月刊MA

ちなみにTinderの電話は2020年の11月にリリースされた比較的最近の機能。

Tinderで電話(ビデオ通話)のやり方

Tinderでの電話はもちろん無料でできますが、”お互いが”合意しないと電話はできません

どういうことなのか実際の画面を使って解説していきます。

流れをスクショを元に解説

まず、電話したい相手とのメッセージ画面右上にある「ビデオマーク」をタップします。

Tinderのビデオマーク

「相手と電話したいですか?」という旨のON/OFF設定が出てくるのでONにします。

Tinderで相手と電話したいかの意思確認
ここの設定で「ビデオ通話してみたい」に相手も合意してないと電話できません!

双方の「電話してみたい」という意思表示が得られた場合、次の画面が表示されます。

利用規約の説明です。「同意する」をタップします。

月刊MA
月刊MA

禁止行為に触れると強制退会&アプリからの永久追放の対象になるので注意してくださいね!

利用規約に同意すると、ようやく相手に通話をかけることができます。

相手を呼び出します。

Tinderの電話で呼び出し中の画面

相手が出たら電話を楽しむだけ!

Tinderで通話中の画面
月刊MA
月刊MA

どんなに可愛い子が出ても、スケベ顔になることなく冷静を装いましょう。

電話が終わると、最後に以下の画面が出ます。

Tinderで電話後の満足度確認

「相手とまた電話したいか」という質問に回答します。

「いいえ」にしても、相手に通知されることはないので安心してください。

月刊MA
月刊MA

これがTinderで電話する一連の流れです!

電話をかけられるとこんな感じで通知される

相手から電話がかかってくると、バナーが表示されます。

Tinderで電話がかかってくると表示されるバナー

バナーをクリックすると以下の画面になります。

Tinderで相手の電話に出るかどうか決める画面

電話を承諾するなら「応答」、出たくないなら「拒否」を選択しましょう!

Tinderで電話(ビデオ通話)する時のポイント

電話をする前に知っておきたいポイントを4つ紹介します。

特に1つ目はむっちゃ大事で、知らないと痛い目みるので眼をかっ開いて見てください!

  • 無言でスクショはNG(⚠️重要)
  • カメラOFFは可能だが加工はできない
  • 時間無制限なので時間を決める
  • web版からは電話できない

無言でスクショはNG

電話中にスクショすると、相手に通知がいってバレちゃいます

Tinderでスクショすると相手にいく通知

無言でスクショすると相手を嫌な気分にさせて、嫌われる可能性が高いので注意してください。

どうしてもスクショしたいなら「もう可愛すぎて耐えられないので、1枚スクショさせてもろてもええですか?」と許可を貰うことが必須です!

ところでメッセージとかプロフィール写真もばれるの?
Tinder(ティンダー)はスクショしても通知されない!?取り扱いには要注意が必要です

カメラはOFFにできるが、加工はできない

「電話はしたいけど、ビデオ通話はいやだ」ということもありますよね。

TinderではカメラOFFにできるので大丈夫です

Tinderの電話でカメラOFF

「カメラマーク」をタップして、ON/OFFの切り替えができます。

カメラOFFにはできますが、「肌を綺麗に見せる」「目を少し大きくする」などの加工はできないので、カメラONにするとありのままが映し出されることは知っておくべき事項です。

月刊MA
月刊MA

相手に関しても同じなので、写真詐欺かどうかの確認ができますね。
マッチングアプリで写真詐欺を見破る方法はこちら💡

時間が無制限なので時間を決める

他のマッチングアプリは電話時間の制限があるものが多いですが、Tinderに関しては無制限でできちゃいます。

ありがたいことですがプランを練らずに電話をするとダラダラになってしまうので、「15分くらい電話しよ!」などとメッセージで時間を指定してから電話するのがベターです。

月刊MA
月刊MA

女性もいつ終わるか分からない電話より、時間を指定された方が安心感が生まれます。

web版では電話はできない

電話はアプリ版だけで、web版ではできません。

普段はwebしか使わないという方はアプリのインストールが必要です。

Tinderで電話(ビデオ通話)するメリット・デメリット

ここまでTinderの電話について解説してきましたが、会う前の電話にはメリットもあればデメリットもあります。

それぞれ紹介していきます。

月刊MA
月刊MA

ちなみに『月刊MA』は、女性に「電話したい」と言われた場合を除いて無理に電話する必要はないというスタンスをおすすめしてます。

メリット

電話するメリットは3つあります。

①相手の本性が見える

1番大きいのは相手の本性が見えるという点です。

マッチングアプリは良くも悪くも自分を偽ることができますが、電話することで「声質」「内容」「反応」などから相手の本当の姿を垣間見ることができます

月刊MA
月刊MA

ビデオ通話にすれば内面だけじゃなく、外見の本当の姿も確認できます。

②LINE交換しなくてOKになった

電話機能がリリースされる前は「電話したい」となった時は、他のSNSに移行する必要がありました。

しかしTinderのアプリ内で電話が可能になったことでLINE交換が必須ではなくなりました。

LINE交換には「悪用される」「急にメッセージが続かなくなる」などのリスクもあるので、アプリ内で完結できるのもメリットの1つです。

③上手くいけばすぐ会える

相手との波長があったり、トークの調子が良くて相手が楽しんでくれれば、メッセージよりも断然早くオフラインで会うことができます。

月刊MA
月刊MA

『月刊MA』編集部員の中には、電話してすごい近くにいることがわかって10分後に会ったという強者もいました。

デメリットは「失敗する可能性があること」

Tinderで電話するデメリットは「失敗する可能性があること」。そしてその可能性が低くないことです。

まだ相手のことをよく知らずに電話をすると、相手の目的や求めているものが分からず、相手に「こいつはダメだ」レッテルを貼られることも多いです。

「テンションがきもい」「話の内容がきもい」「話がつまらない」「顔がしんどい」女の子はたくさんの指標であなたをチェックします。

そして、電話で失敗すると音信不通になったり、マッチ解除されてしまうのです。

月刊MA
月刊MA

これが僕らが「電話をゴリ押ししない」理由です。
特にTinderは男のレベルが高くて、競争率が高くて、ムズイんです。

Tinderで電話(ビデオ通話)のタイミングと話題

Tinderで電話をするおすすめのタイミング圧倒的第一位は「相手に求められた時」です。

それ以外だと先述したように失敗するリスクが高めだからです。

しかし、強いていうならおすすめのタイミングは以下2つです。

電話のタイミング
  • デートの約束取り付け後
    →日程や場所を決めやすい
  • デートの2.3日前
    →ドタキャン防止になる

電話の話題に関しては、相手のニーズ次第という観点が大きいです。

プロフィールに「飲みにいきたい!飲み友募集!」みたいなことが書いていれば気軽にデートに誘ってもOKですし、「エッチな友達探してます」みたいな感じであれば下ネタでも歓迎されるでしょう。

月刊MA
月刊MA

Tinderの女の子はなんというか、個性的で特殊な人も多くて、話題も難しいです。

以下に大半の女性からは好感度の高いおすすめの話題を3つ提示しておきます。

電話の話題
  • メッセージで話した内容を深掘り
    →地雷を踏まない(電話序盤におすすめ)
  • お互いのメッセージだけとの印象の違い
    →声思ったより高いなど(盛り上がりやすい)
  • 趣味や好きな食べもの
    →電話で直接デートに誘いやすい

今回はTinderの電話をテーマにお話ししてきました。

問題は解決できましたか?

Tinderをもっと攻略して出会いたい方におすすめの記事なので、気になる方は合わせて読んでみてください👇

ではまた!
カテゴリー:
Tinder(ティンダー)
タグ:

あなたにオススメ

もっと見る

新着記事

もっと見る